月別アーカイブ: 2014年1月

2014年1月31日


また冬へ

昨日の富良野は雨が降り、最高気温は6℃まで上がりました。

気温がプラスになるのは久しぶりなので、とても暖かく感じました。

しかし、今日の富良野は一変、また冬へ戻り、雪がたくさん降っています。雪かきも数回しました。

外は冬に戻りましたが、富良野・ドラマ館の中に入ると、薪ストーブの柔らかい暖かさと、薪が燃える

いい香りで、体を温めてくれます。

036

2014年1月28日


ドラマ『優しい時間』商品《鉈割フレーム》

喫茶店『森の時計』の壁に掛けています。

美瑛町の『ナブの家』で作られた鉈割フレームです。

職人が鉈で割り、大切に作り上げました。自然の木目は同じものが一つと

ありませんので、一つ一つの出会いがとても貴重なものになっていただけると思います。

富良野・ドラマ館では、鉈割フレームを取り揃えております。

001★鉈割フレーム(ミニ) 2,825円006★鉈割フレーム・縫いこみ(小) 5,150円

2014年1月23日


屋根の雪下ろし

本日、富良野は晴天です。

天気が良いので、富良野・ドラマ館の屋根にたまった雪を下ろしをしました。

伸びる雪下ろし用の道具を使います。屋根に積もった雪に道具をひっかけて引っ張ると、

ザザーと音をたてて雪の塊が落ちてきます。

雪国ならではの光景です。069

2014年1月20日


本日、日本一寒い富良野

今日の富良野は、北海道で一番、いえ、日本一寒い場所となりました。

なんと気温は、-27.3℃です。外へ出ると、キーンと冷えた空気が肌を突き刺します。

富良野・ドラマ館横の喫茶店『森の時計』へと続く道には、とてもきれいで可愛らしい

雪の結晶が降りています。

ご存じですか?雪の結晶は同じものが存在しないそうです。

006

 

 

 

 

 

 

2014年1月17日


ドラマ『優しい時間』商品《ドリップポット》

喫茶店『森の時計』マスター・湧井勇吉(寺尾聰さん)が、毎日、心を込めたコーヒーを落としています。

『森の時計』の中は、その香りでいっぱいです。挽きたてコーヒーのホッとさせる香りです。

勇吉が落とすコーヒーを、是非、ご家庭でも入れていただきたく思います。

017                                            ★森の時計焼印入りオリジナルドリップポットセット(1~2杯用) 3,990円                       〈セット内容〉ドリップポット、ネルドリップ、計量スプーン

 

2014年1月14日


ドラマ『優しい時間』商品《拓郎マグカップ》

湧井拓郎(二宮和也さん)が、富良野から50キロ離れた町・美瑛にある皆空窯という窯場で、

陶芸家の見習として修行中、父・湧井勇吉(寺尾聰さん)の還暦の誕生祝いのために作りました。

拓郎の初めての作品となる《拓郎マグカップ》です。

富良野・ドラマ館では、《拓郎マグカップ》を取り扱っております。実際にあります皆空窯で、一つ一つ

手で作られておりますので、とても奥深い味わいがあります。

010                                          ★拓郎マグカップ 6,300円                                                 ★森の時計焼印オリジナルミニミル 4,000円

 

2014年1月13日


ドラマ『優しい時間』商品《コーヒーミル》

ドラマ『優しい時間』の中で、喫茶店『森の時計』のカウンター席に座り、めぐみ(大竹しのぶさん)が

静かにコーヒーミルを挽く…まさしく『森の時計はゆっくり時を刻む』にぴったりのシーンです。

こちらのコーヒーミル《ミニミル》に『森の時計』焼印を入れ、《オリジナルミニミル》として

富良野・ドラマ館で取り扱っております。

『人の時計はどんどん速くなる』世の中、挽きたてコーヒーで、癒しの時間をおくつろぎください。                                                        011

★オリジナルミニミル(1杯用) 4,000円                                         ★森の時計ブレンドコーヒー(150g) 840円                                       挽きたてを味わっていただきたく、豆のままになっております。

 

 

2014年1月9日


ドラマに関係することについての話

富良野を舞台にした倉本聰作品のドラマ『優しい時間・風のガーデンについてのお話』を

ご紹介したいと思います。

汚れた都会ではなく、忘れられたような清らかな田舎の喫茶店『森の時計』を舞台に、

父と子の絆の再生を、さまざまな人間模様の中で描かれた、『優しい時間』。

この喫茶店『森の時計』の看板の文字を書かれたのが、

040  大滝 秀治さんです。

死を目前にした男が絶縁していた家族のもとへ戻っていく物語を通して

“生きること・死ぬこと”を描いていく人間ドラマ『風のガーデン』。

『風のガーデン』のドラマタイトルの文字は、

003  緒形 拳さんが書かれたものです。

これらは、重みがあり心が温まる、とても素敵な文字だと思いませんか?

 

 

2014年1月7日


白銀の富良野・ドラマ館

富良野にも本格的な冬が来ました❅

毎日、やわらかい雪が空から舞い降りてきて、一面、白銀の世界です。

遊びに来てくださったお客様の中には、その雪で、富良野・ドラマ館の横に

かわいらしい雪だるまを作ってプレゼントをしてくださる方もいらっしゃいます。

ありがとうございます☃

真冬の富良野は零下ですが、富良野・ドラマ館の中はポッカポカなんです。

それは、昔ながらの薪ストーブを使っているからです。

薪ストーブは、やわらかい暖かさを体の芯まで届けて

くれます。そして、人の気持ちも暖かくしてくれます。

291

 

2014年1月5日


ご好評の新商品です♪

新商品が、2013年12月19日に発売されました。

北海道限定商品 『北海道発!! ビートチップス』です。お値段は6袋入りで税込840円となっております。

取扱販売店は全4店舗で、富良野では富良野・ドラマ館のみとなります。

ビートとは、砂糖の原料となる甜菜のことで、さわやかで、さっぱりとした自然の甘みがあります。

そのビートを味付けは一切せず、そのままチップスにしました、とても珍しいお菓子です。

北海道産の優しい味わいのビートチップスを、スタッフ一同、自信を持ってオススメいたします!!