2017年6月15日


セミ時雨

ハルゼミ
5月終わり頃から富良野の辺りではセミが鳴き始めます。
お客さんからは、「カエルかい?」とか「熊よけの放送か何か?」と聞かれたり
エゾハルゼミと言いツクツクボウシくらいの大きさで
コ~シー コ~シー ケケケケケ と言った感じに鳴きます。
寝ぼけているのか、この時期まだ気温が低いからか、結構簡単に捕まる。
日が照って少し暖かい日はテラスではセミ時雨が大音響になる事も
皆さんがラベンダーに目を向け始めるとひっそりといなくなってしまいます。
真夏には他にミンミンゼミ、ニーニーゼミ、エゾゼミなども鳴き出します。
こちらでは、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシ等の声は聞いたことがありません。
本州とは少し違うセミ事情なのです。

ハルゼミ

2017年6月9日


普段は店頭に並ばない

和太鼓

6月になっても中々気温が上がらず、涼しいと言うより少し寒い日々が続いております。
この辺りの学校ではこの時期に運動会があちこちで行われます。
きっと農家さんが多かったりするので秋は収穫に忙しいのと、10月頃だと既に寒すぎるからか?
でこの時期にやるのだと思います。
運動会とは関係無いのですが和太鼓を作ってみました。
新作と言う訳では無く、以前はご注文オンリーだったのですが、
久しぶりに作ると う~む 削り出すところが多くてちょっとめんどくさい。
こんな事を言っているようではダメなのですが、
これからもご注文以外の時は気まぐれに作る楽器だと痛感しました。

和太鼓

2017年5月26日


珍客ご来店

コウモリ-1 コウモリ-2 コウモリ-3
先日、朝一番に珍客が!
開店前に作業場の壁際に何やら木っ端のような・・・よく見ると微かに息をしている。
コウモリの子供か? この前日が異状に暑く、この日は少し肌寒い感じだったので
迷って店に忍び込んだものの身動き取れなくなってしまったようでした。
そっとチリトリに乗せ外の木道の影に捕まらせてやりました。

この手の生き物と遭遇した場合、絶対に絶対に素手で触らない事です。
過去に燕のヒナが巣から落ちたのを救った時に経験あるのですが、
ティッシュで包んで置いた瞬間ワラワラと粉の様なモノが動き出し
小さなダニに集られていたのを思い出します。
見た目が可愛らしいのですが、
他にも得体の知れない病気を持っていたりする事もあるので気をつけましょう。
自然に囲まれているニングルテラスなので、お互いに適度な距離を保ち共存できたらと思います。

コウモリ-1

2017年5月13日


子供のエミシ

エミシ 顔 カタクリ
GWがあっという間に過ぎてしまいました。
今年は比較的に天気に恵まれ、沢山の方々がご来店頂きありがとうございました。
今現在、桜もピークを越えた感じですが、まだまだ満開の所も見受けられます。
森の楽団の店脇に丁度カタクリが咲き始めました。  年々少しづつ増えてくれたらと思います。
子供の日に合わせてと言う訳では無いのですが、「蝦夷の鳥」シリーズで、子供のバイオリニストを多数作りました。
前回はチェロ弾きの弦を押さえる指先でしたが、今回のポイントは子供のほっぺと横顔から見て突き出した唇にこだわってみました。
ナイフの入れ方が絶妙に難しかった。 ご来店の際にはじっくりと観察してみて下さい。

エミシ 顔

2017年4月17日


根開き

根開きニングルの家 ゴジュウカラ

4月も半分が過ぎてしまいましたが、ここ最近のこちらの様子は日替わりで春が来て次の日は冬に逆戻りを繰り返しております。
この季節になるとテラスの周りでも春を告げる「根開き」(1枚目の写真)が見られるようになります。
樹木が一勢に根元から水分を吸い上げる為に何らかの熱が発して周りの雪がそこだけ溶けるのでしょうか?
2枚目の写真はテラスから森の時計に向かう途中ら辺にニングルの家の様な根元発見!!
3枚目は木を逆さまに移動できる器用なゴジュウカラと言う野鳥です。
鳥達のさえずりも春めいた声になってきました。

2017年3月14日


今日の楽器

ギターだけ

今日はギターを大量に作っていて、これから人形に持たせます。
大分ギターらしい感じに仕上がってきました。
ギターの弦も他の弦楽器と同様とある植物の茎から取れる素材を使っています。
その茎1本から4本の弦が採取できるので、チェロ、バイオリン、コントラバスなどは
ちょうど4弦なのですんなり行くのですが、ギターは6弦なので何時も2個セットで作らないと半端が出てしまう。
それと、作っている時に常に気になってしまうのがボディとネックの長さの割合が微妙で、
ネックが長すぎると削るのですが、一度焦げ目を入れて焼いた木はもろく力加減を間違えると
簡単に折れてしまう事もしばしば。
せっかく木削って作ったネックなので、もったいないから更に削ってウクレレ用にしました。
あっ ウクレレが全てギターの失敗作からではありませんので!
一部であってウクレレ用ネックもちゃんと作っていますので。(言い訳)

 

2017年3月1日


今日の楽器

ドラムセット

今日から3月です。日に日に春めいた暖かさになってきました。
日中プラス気温になったとは言え温度計では一桁なのですが、半袖で雪はねしてたりすると
通りすがりのお客様達から寒い目で見られます。 ひと冬の間-20℃以下を数日でも体験してしまうと、慣れって恐ろしい!!
本題の楽器、先日のハープと並行制作していたドラムセット達です。
これを作るとき左右対象な所が数箇所と複数の楽器の寄せ集めなので、一つずつのパーツと組み合わせた時のバランスが難しい! あと両足をそれぞれペダル踏ませるスペースに悩まさせられます。
沢山作るとボリューミーで達成感はあるのですが、やはりしんどい

ドラムセット

2017年2月27日


今日の楽器

ハープ
今日の・・・と言うより今月のと言ってしまった方が早い投稿スパンで申し訳なく思っています。
こちらは今朝久々にシバレました。-28℃くらいまで下がったようです。
今月はドラムセットとハープを作っていました。
ハープをお店で作っていたりすると、皆さん気になるのが「弦は何でできているの」とよく聞かれます。
初期の頃の作品ではラベンダー茎などでしたが、毎回綺麗な直線のが揃わず何か他に良い素材ないものか? 犬の散歩で近所のをうろついている時にイネ科の雑草(カゼクサ、チモシーだと思う)を発見!! 適度な細さと長い直線 今はこれらを使っています。
制作中も小さいお子様などは音が鳴るんじゃないかと端から指でバリバリバリーっと
やめてー!! 触らないでー!! 音出ないからー 今日1日の作業が・・・ 気が気でないのでハープ制作中はいつもより少しピリピリしているかもしれません。
来月から店頭に並ぶ予定です。 なくなっていたらゴメンなさい。ご注文で制作致します。

ハープ