2016年1月18日


季節のたより:凍寒

明け方5:06に−24.6℃まで冷え込み、凍てつくような寒さの富良野です。

IMG_3152

木や電線も真っ白になりました。

痛みを感じるほどの気温ですが、雪の中の寒さというのは不思議なもので、なぜかホッと心温まる寒さなのです。

色がほとんど消え白黒の墨絵のような世界に入り込むと、普段は聞こえない、呼吸や胸の鼓動や木の揺れる音や鳥が羽ばたく音や足元の雪を踏む音など、何だかいろいろ、新しい世界が感じられるはず・・・

風がどちらから吹いて自分のところにやってくるかもきっと分かりますよ。

たまには車も心もエンジンを止めて、静かな雪の中で深呼吸してみてくださいね。

IMG_3151