2019年3月3日


季節のたより:雪桜

今朝は、富良野の木々たちが真っ白でした。

朝9時の気温は氷点下10℃ほど…3月ですが朝晩はまだまだ冷えます。

 

今日みたいな日のお楽しみ…

木の周りにモサモサッとついた白い氷が、まるで桜の花びらのように見えるのです。

日中になり気温が上がると、木から氷がハラハラと落ちていきます。

その様子が、桜の花びらが散っていく時にそっくりで、密かに「雪桜」と呼んでいます。

全体のシルエットも相まって、特に感動してしまう木は、中富良野から富良野へ向かう国道の途中にあります。

この木、今日みたいな日に、ぜひ一度見ていただきたいです。